EDが治る人と治らない人の違いは、気持ちの問題?

EDは人によって症状の出方が異なるため病院を受診して少し治療するだけで完治する人もいますし、逆に何ヶ月も治療を継続しても改善が見られないというような人もいます。
こうした違いがあると「それは気持ちの問題だ」と言われてしまうこともあるのですが、これは半分当たっていて半分違っています。
まず半分当たっている部分に関してですが、これは心因性EDに分類されるケースのことです。
心因性EDとは精神的なこと、例えばストレスやトラウマといった精神的要因が勃起という体の仕組みを阻害したり、脳が得る性的興奮を減少させていることによって生じるEDです。
もちろん「お前のやる気が足りないだけだ」というのは精神のことや他人の心の痛みを何も分かっていない人の単なる思い込みでしかありませんが、もし精神的な原因に心当たりがあったり肉体的な問題が無いと診断された場合にはメンタルクリニックに行くのも一つの手です。
次に半分の外れていることですが、これは先ほどとは逆に器質性EDに分類されるケースとなります。
器質性という言葉はあまり聞きなれない人が多いでしょうが、要するに「肉体的な問題があるために勃起が出来ません」ということです。
代表例としては高血圧や糖尿病といった病気がEDを引き起こすとして分かっており、特に糖尿病の場合は勃起に関連する神経の働きが阻害されるためかなりの割合でEDを併発する人がいます。
もしこうした器質性EDの原因に心当たりがある場合には、まずそちらの治療を先決とした方が良いでしょう。
仮にバイアグラなどの薬で一時的に和らげたとしても病気を放置していて良いことは一つもありません。
よってこの場合は内科や循環器科などの病院を受診して治療に取り組むようにしましょう。

EDについて過去に言われた事は思い出さない方がいい

EDは症状を抱える人にとって非常に辛く苦しいものになります。
もちろん現代であれば適切な治療を行うことで改善が出来るのですが、様々なことが原因となって引き起こされる病気であることからちょっとしたことが原因になって悪化したり、完治が遠のくことがあるのです。
中でも特に注意が必要なのが「人から言われたこと」です。
EDは肉体に原因がある場合には器質性、精神に原因がある場合には心因性と分類されることになるのですが、この内心因性に関しては過去に人から言われたことが引き金となって引き起こされることがあるからです。
例えば過去に性行為に関してパートナーの女性から厳しい言葉を受けた、若い頃の過ちで人格を否定されたなどのことは心因性EDを引き起こすリスクになり得る存在です。
一見して性行為に関係ないような言葉であったとしても間接的にEDの原因やリスクになることがありますから、もし思い当たる節が無いということであっても注意が必要です。
さて、ではそうした心因性EDであるとわかった場合にはどうすればいいのかというと、やはり重要なのはまず専門医の診察を受けてアドバイスされた治療を実践して行くことです。
カウンセリングや抗不安剤などの投薬治療が行われるのであれば自分から治療に協力するように心がけ、処方された薬はしっかりと飲み続けて行くようにしましょう。
また過去のトラウマや他人からの言動が関連しているのであれば、そうしたことは過去のことだと割り切るのも大切です。
場合によっては忘れ難い強い記憶として思い出されることもあるでしょうが、それでも過去のことはもう誰にも変えられないのです。
ですから過去に辛い経験があったなどの場合でも、前向きな気持ちを持ってまず治療に専念するようにしましょう。

EDの治療法を3つ紹介

勃起不全ことEDの治療法治療にはいくつかの方法があります。その中でも代表的なのは三つの方法です。
一つ目は生活習慣の改善です、そもそもEDになるのは体の環境が悪いのが原因の場合もありますので毎日夜更かしをしたりバランスの悪い食事をしている方、そして運動不足に陥っている方はそれを改善するだけでもEDが解消される場合もあります。ストレスの多い生活をしている場合でもEDになりますのでリフレッシュするために趣味に没頭してみるのもいいでしょう。
かなり気の長い方法になりますが根本的に解決できる方法になります。
二つ目はED治療薬を使った方法です。先ほどの生活習慣を改善する方法ですとパートナーとの本番の時までに改善しない場合もありますが治療薬を使いますとその時は一時的に勃起能力が上がります。
用量もいくつかのタイプが販売されていますので自分の体質に合わせて選べるのが特徴です。今ED治療の中では一番多く使われている方法であり男性用のクリニックでもよく扱っています。
そして三つめは陰茎に直接注射をする方法です。これはICI注射とも呼ばれていますが細い針を使いますので実はそれほど怖いものではありません。治療薬とは違って性的な刺激が無くても注射した後10分ほどで勃起します。一度当たりの費用がかなり高いのと陰茎に直接注射するという恐怖心からなかなか利用者はいないのが現実です。しかしED治療薬では効果が出なかった人にとっての最後の砦になっています。
どの方法で治療するのかはその人のEDレベルで判断したほうがいいでしょう、どの方法でもメリットとデメリットがあるためです。また本気で悩んでいる方は医師に相談して自分にあった方法を紹介してもらうのがおすすめです。

▼EDの疑いがあれば、まずは病院にかかりましょう
EDは病院に行こう
▼EDで病院診療に抵抗のある方は、バイアグラのジェネリック医薬品のこちらがオススメ!
カマグラゴールドに興味を持ったあなたへ
▼レビトラでED治療を行いましょう!
レビトラ 通販
▼EDを治したら、パートナーに女性用バイアグラと呼ばれているフォルカンを勧めてみませんか?
フォルカンの効果効能